読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトプットします。

本や映画、はたまた生活、、、それらから学んだこと感じたことをアウトプットします。自己中ブログですすみません。

サマルカンド紙

※昨日書いた文章です。

森友学園のニュースを横目に、サマルカンド紙の記事が中日新聞に記載されているのを見つけた。サマルカンド紙とは、サマルカンドで作られていた紙だ。そのままかよ(笑)これはイスラム今日の聖典コーランや細密画に使われた優れた紙である。

今回、そのサマルカンド紙を、日本の手すき和紙の技法によって復元しようという試みが始まったというのだ。2019年を目途に復元を目指すそう。これが実現すれば手すき和紙の技法が注目されるし、サマルカンド紙が復活することで芸術的にも歴史的にもいいことであっていいこと尽くしだ(?)。これらは製紙の技術の話なのだが、私が製紙について耳にしたのは高校の世界史の授業だろう。

 

初め中国で確立された製紙の技術は、7世紀初頭に日本へ。そして751年のタラス河畔の戦いで唐とアッバース朝が戦い、その時に手すき職人が捕虜になったことで西方世界に伝わったとされる。

 

大学生にもなってこの戦いのことを思いだすことになるとは思いもしなかった。偶然のめぐりあわせだねタラス。
手すき和紙とサマルカンド紙も、一度は東西に分かれてしまったけど、この現代にいたってようやく再会できたんだね。本当に愛しあっている恋人たちとか、兄弟、特別な縁がある人たちというのはどんなに離れていても関係ないのだろうなぁ。そんなことをサマルカンド紙から感じた。

 

この兄弟の再会はきっと芸術のさらなる発展となるだろうね。そう願っている。

政治家の森

2017年3月20日、毎朝の日課である筋肉トレーニングを終えて、食卓についた。この行為は私のルーティンであるね。これがあるから一日自信を持って、自分の体に疑いなく心を任せられる。幼児教育だって同じだろう。保護者は保育園や幼稚園として、はたまた教育者として当たり前のことをしてほしかったのだ。なのになぜこうなった。

相変わらず朝のニュースを賑わせる森友学園の疑惑。私としてはもっと大々的に報道する価値のあることが他にあったのだが、森友学園の問題に限っては考えざるを得ない。それは政治家の関与が確実にみられるからだ。国有地が1億ちょっとなんて誰もが望む好待遇じゃないか。森友学園という名前には政治界という森と、政治家という悪友が垣間見えるようになってしまった。

発言が疑念を呼び、何が問題か分かりにくくなっている。(これも籠池氏の思惑?にしてもレベルが低すぎるしもし偽だったら迷惑ったりゃありゃしない)簡単に言いますと、国有地をなぜか格安の値段で売ったのではないか??ということだ。それを調べていくうちに沢山の政治家の関与に代表される疑念が発覚したので、話が分かりにくくなっているね。

目立つ疑念は、やはり安倍夫妻と籠池氏との繋がり、からの寄付金。ただ前提としてすべて籠池氏が発言している。それと寄付金の場にいたのが安倍妻と籠池だとしたらこの二人しか事実を知らない。じゃあ何言ったって仕方がない。こんな問題になに貴重な時間割いて報道してんだ。もっとあるだろうサマルカンド紙とかさ。

こんなんじゃ話が終わりませんっていうことで証人喚問するわけね。これは嘘ついたら法で裁かれるから嘘がつけない。人間として素直に当たり前に嘘はついてほしくないが、だれかが嘘をついている。だから疑念が生まれている。そこんとこきっちりしてほしいね。

私が知りたいのは3つ。寄付金があったのか(政治家の関与)。なぜ国有地があんなに安くなったのか。虐待を何故したのか。すべて無くて当然の疑念なのだが、はぁ、こんなんで良く我が子を預けようと思うね。

最近は当たり前の基準が低いんじゃないかね。素直に楽しくいきたいものです。

 

初めまして。

初めましてlibuと申します。

今回初投稿ということでまだ何のアウトプットもしないのですが、

自己紹介ということで投稿させていただきます。

 

私はA県の国公立大学に通う学生です。

趣味は読書、スポーツ、ゲーム、、、という風になんとも特別感の無いもの達ですねすみません、、、

嫌いなものは特にありませんが、強いて挙げるとすれば、それはきっとある行為の後の汗です。何故なら行動に少なからず支障来すあれ、、、つまり行動の質が低下するし、そのせいでやる気失せるしでもう、、、、おっと嫌いなものを今のところ一番の文量を使って述べているではないか、嫌いなものほどよく考えている、からこそ成せる技ですな。

 

何故ブログを書くことにしたかというと、実に簡単です。

手書きのアウトプットよりキーボード使った方が速いからです。

おっとすっ飛ばしてしまった。一番最初の段階での私の思考ステップを言うと、

まず上記したように、私沢山読書するんですね、最近は映画も。

それらを少しでも記憶に残したい、つまりアウトプットしたいと思ったわけです。

ところがどっこい、いざアウトプットしようとすると、方法が沢山思いつく。

全部やってみようと思い、実践。結果は書く方が私は頭に残るが、面倒だし時間がかかる。だから仕方なく時間を優先するために、ランクを一つ下げて、キーボードを介したものにしました。

要約:(アウトプットしたい→書くか→面倒→キーボード使う)

 

キーボード介したアウトプットって結構いいことあるんです。

まず時短。そんでそれがすぐ可視化。後で自分で作成する文章にも引用出来てそこでまたインプットとアウトプット両方できる。キーボードの練習にもなる。いいこと沢山ですね(⌒∇⌒).......

 

そんなわけでよろしくお願いします終わり、、、、んっ唐突っ!!!