読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトプットします。

本や映画、はたまた生活、、、それらから学んだこと感じたことをアウトプットします。自己中ブログですすみません。

政治家の森

2017年3月20日、毎朝の日課である筋肉トレーニングを終えて、食卓についた。この行為は私のルーティンであるね。これがあるから一日自信を持って、自分の体に疑いなく心を任せられる。幼児教育だって同じだろう。保護者は保育園や幼稚園として、はたまた教育者として当たり前のことをしてほしかったのだ。なのになぜこうなった。

相変わらず朝のニュースを賑わせる森友学園の疑惑。私としてはもっと大々的に報道する価値のあることが他にあったのだが、森友学園の問題に限っては考えざるを得ない。それは政治家の関与が確実にみられるからだ。国有地が1億ちょっとなんて誰もが望む好待遇じゃないか。森友学園という名前には政治界という森と、政治家という悪友が垣間見えるようになってしまった。

発言が疑念を呼び、何が問題か分かりにくくなっている。(これも籠池氏の思惑?にしてもレベルが低すぎるしもし偽だったら迷惑ったりゃありゃしない)簡単に言いますと、国有地をなぜか格安の値段で売ったのではないか??ということだ。それを調べていくうちに沢山の政治家の関与に代表される疑念が発覚したので、話が分かりにくくなっているね。

目立つ疑念は、やはり安倍夫妻と籠池氏との繋がり、からの寄付金。ただ前提としてすべて籠池氏が発言している。それと寄付金の場にいたのが安倍妻と籠池だとしたらこの二人しか事実を知らない。じゃあ何言ったって仕方がない。こんな問題になに貴重な時間割いて報道してんだ。もっとあるだろうサマルカンド紙とかさ。

こんなんじゃ話が終わりませんっていうことで証人喚問するわけね。これは嘘ついたら法で裁かれるから嘘がつけない。人間として素直に当たり前に嘘はついてほしくないが、だれかが嘘をついている。だから疑念が生まれている。そこんとこきっちりしてほしいね。

私が知りたいのは3つ。寄付金があったのか(政治家の関与)。なぜ国有地があんなに安くなったのか。虐待を何故したのか。すべて無くて当然の疑念なのだが、はぁ、こんなんで良く我が子を預けようと思うね。

最近は当たり前の基準が低いんじゃないかね。素直に楽しくいきたいものです。